FC2ブログ

誕生日ケーキを作りました



スポンジを買って来て飾り付けたのは子供達です。
ケーキ屋さんで買うと2500円とかしますが、スーパーでスポンジを買うと400円位で買えて、あと果物の缶詰や生クリーム、誕生日プレート、ホイップクリームといちごがあれば尚完璧です。
スポンサーサイト



お互い様(ソウル編)

TM-Revolutionのソウルクロッシングを聞いて、浮かんだ話です。
かなり甘いソウキドで狂気に関する捏造ものです。
それでもよい方は続きからどうぞ

続きを読む

清水寺ライトアップ

昨日突然思い立って、金閣寺と清水寺のライトアップを見に行ってきました。紅葉は見ごろでとてもきれいでした(*^_^*)
清水寺には4回ほど行ったことがありましたが、ライトアップは始めていきました。やはりすごく混んでいてまるで初詣に来ているような錯覚を覚えるほど。
 カップルが圧倒的で、子供連れはやはり少ないですね。行きは八坂神社から来たのですが、人力車に乗ってみることに。二年坂の麓まで連れて行っていただきました。子供たちは大喜びで、下の子はすぐにもう歩けないとか疲れたとか言い出すので助かったと思います。帰りも坂を下りてきましたが何とか抱っこにはならずに済みました。ただ帰りホテルまで帰る時はバスのフリーチケットを購入していましたが、バスの列に並ぶ元気はなくタクシーを利用しました。
 6時30分から開始なのですが、7時ごろだったのですごく混んでいて清水寺に入るために大行列に並ぶ羽目に。6時30分より少し前に行くほうがいいのかもしれません。

テーマ : いってきました^^
ジャンル : ブログ

ホームパーティー ソウキド



色塗りも、原始的に固形絵の具です。背景も一色ですいません。サムネイル画像って何だろう。後で調べてみよ。

キッド死神衣装



いかんせんパソコン技術がないので、描いたイラストを写真でアップしてみました。本当ならパソコン上で色付けしてみたいけど、またいずれ。サイズも良くわかりません(^-^;

携帯で編集

とりあえず携帯で編集できるようになると、通勤中にも創作活動なんかできて楽しく過ごす事ができそう。日頃あまり時間ないので、効率的かしら。携帯で編集してみました。早速間違って題しか入れてないのにアップしてしまいましたが(*_*)

遺書(リズ編)

 ここ最近は鬼神の居場所が分かり、クロナは行方をくらましとなかなか息つく暇もない。
 月への鬼神討伐隊が編成され、もちろんキッドの武器であるリズやパティもキッドとともに参加することとなった。
 
 死神様やキッドからも遺書を書いておくように言われたが、とくに身寄りもないうちらに何を残せというのだろうか。
 「おいキッド。大体とくに遺書を残すような誰かも、残すものもない私らに何を書けっていうんだよ」リズは遺書用に用意した便箋をピラピラと振ってみせながら、面倒くさそうにキッドに声をかけた。すでにパティは全くやる気がおきないのか書くつもりがないのか机に突っ伏して涎で便箋を台無しにしている。
 食堂の広間で何かしら本を広げて調べ物をしていたキッドはふと顔をあげ「ふむ」と頷いた。
 「そうだな。まず本来遺書とは自分の死後のために書き残した手紙や文書を言うのは分かっているな?」
中には、自分の人生を後世に残したいと記された書物などもその部類に入るがと遺書に関しての薀蓄を垂れ始める死神にうんざりしながらリズは聞くんじゃなかったと内心呟く。
 「大体キッドは遺書書いたのかよ。お前だっていくら死神だからって命を落とすかもしんねえだろ」
 「そうだな。俺はもちろん、お前たちの命をなくすような失態をするつもりもないが全くないとは断言できん」
 そういいながら、リズに目線を合わせるとふっと綺麗に微笑んでみせ、まあお前たちには俺に何があっても武器化を解かないと約束してもらう必要はあるな。と皮肉気に笑った。
 「俺も遺書はまだ書いていないが、父上くらいには書いておこうかと思っている。お前たちは、そうだな。マカや椿にでも書いたらどうだ」などとキッドは言ってくるが、リズは微妙な表情でマカや椿に何書いときゃいいんだよと内心思った。大体、死神が死ぬときは私らも死ぬときだろうし、生き残る可能性が高いとしたら死神様や死神の体をもつキッドだろう等と。
そう思っていろいろ考えていたがふとリズにはある閃くものがあった。ニヤッといたずらっぽい笑みを浮かべたリズはようやくペンを動かし始めた。
 
 リズの出来上がった便箋には宛名と見出しが以下のように書いてあった。
 
 マカ、ソウル、ブラックスター、椿 みんなへ
 「キッドの扱い方のコツ」

 もちろんキッドには見出しが見られないように便箋を封筒に入れ封をした。寝ているパティにもこのアイデアを教えて、キッドに効果的な鶴のひと声とか書いといたら役に立つんじゃない等と伝えようかと思ったが、恐ろしい遺書になりそうなのでさすがにやめておいた。リズはパティを揺り起こしこんな所で寝てたら風邪ひくぞと声をかけ寝ぼけながらむにゃむにゃと訳のわからない寝言を言うパティを部屋まで連れて行く。まあパティの遺書もなんとかなるだろうという気がした。そんなこんなでリズは遺書を無事書くことができたのである。
 

続きを読む

徒然なる妄想日記

はじめまして

これから時々ソウルイーターの妄想小説やイラストなどをアップしていきたいと思います。
ソウキドメインで、その他いろいろ。ブログも初めてでうまくできるか不明ですがよろしくお願いします。
プロフィール

竹内 亮

Author:竹内 亮
はじめまして。
当サイトはソウルイーターの特にキッド大好きな者のブログです。ソウキド一押しです。
初心者でまだ不慣れなためよろしくお願いします。

ようこそお越しくださいました
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧

趣味の個室:Crystal annex
検索フォーム
おすすめ検索サイト
おすすめサイト様
c-so
quadra
Tiny sheep
ハトムネ二番館
The Dream of a Clam

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR